レーシックの基礎知識

目が悪い人は誰でもメガネやコンタクトにわずらわしさを感じたことがあるでしょう。レーシック手術を行えば、メガネもコンタクトも装着することなくクリアな視界が得られます。 しかし、レーシックと言えばよく知られているのは目にキズを付ける手術、という情報があるのではないでしょうか。

近年、視力回復の方法として注目され、ずいぶんと一般的になってきたレーシックですが、その手術方法やメリット、デメリットなど、 レーシックの基礎知識を知ってからでないと少し怖いと思っている方もきっと多いでしょう。

目は一生お付き合いする大切な器官ですから、レーシックの知識についてはきちんと調べた上でレーシック手術に望むべきとも言えるでしょう。 レーシックとはどのような方法の手術かというと、簡単に言えば点眼薬で麻酔をかけてから、角膜をレーザーで削ることで、 光の屈折率を変えて視力を回復させるという手術方法です。

この手術は、目が悪い人は誰でも出来るというわけではなく、まず最初に目がレーシックを受けられる状態かどうかの適正検査を受けなければなりません。 一般的に、目の病気を持っている人や、未成年の人、また、近視、乱視が強すぎる人も不適合と診断される事があります。 術前に質問や疑問がある場合は、自分が納得いくまで医師に相談して、レーシックを自身が正しく理解した上で、信頼できる医師のもとで手術を行うことをおすすめします。

 

※ 住宅ローン金利は安い今借りたほうがお得です。レーシックを受ける前に住宅ローン(団信)を組んでおくことをおすすめします。 → 住宅ローン 金利